LaStone Theapy (ラストーンセラピー)について
ラストーンセラピーとは、大地の恵みである石(ストーン)に温度差を融合することで、 ボディ・マインド・スピリットに働きかけていく、独特なセラピーです。方法としては、 温めた石(玄武岩、陽)と冷やした石(大理石他、陰)を用い、手の代わりにストーンを持ってストロークします。 石を温めて適用することで血行を促進、筋肉をほぐす一方、石を冷やして適用して痛みや詰まりのある箇所に働きかけます。 温、冷の温度をうまく組み合わせることによって今までハンドでは難しかったコリや冷えなどの症状にパワフルに適応します。 温と冷の温度を用いることにより、排毒促進・免疫機能促進・深部筋肉組織への働きかけ等、 肉体的な側面に加えエネルギーワークを組み合わせることで深いリラクゼーション・グラウンディング&バランシングをもたらす事等、 多くのメリットが期待できます。 まさにボディ・マインド・スピリットを癒す「究極のセラピー」(Last(ラスト)‐one(ワン)‐therapy(セラピー))です。 更に施術を行うセラピスト自身も同時にエネルギーアップして行くのを感じられるでしょう。 初めてホットストーンマッサージを世界に紹介したのは、創始者メアリー・ネルソン先生です。 欧米や日本のスパ・サロンでストーンマッサージが人気メニューとしてスタイルを確立したのも彼女の貢献によるものが大きいでしょう。
ラストーンセラピーポリシー


ラストーンセラピーでは創設以来10年余りの歳月をかけ、 石本来のパワーのみならず温度を用いることへの科学的検証を行ってきました。 そしてこのセラピーを正しく理解して頂く為に2冊の本を出版しています。 また、ラストーンセラピーの講師はこのセラピーを正しく伝える為に認定された者のみが携わっております。 現在、講師は世界14カ国で36名おり定期的に技術研修に参加し、常に進化している最新の内容を受講生の方々に提供しています。